ニュース速報
ホーム / 健康の駅 / 健康増進施設

健康増進施設

各地に存在する健康増進施設
健康づくりや体力づくりの場として、フィットネスクラブやアスレチッククラブなどの健康増進施設は各地に存在します。これらの施設には、筋力トレーニングや有酸素トレーニングが行えるトレーニング室があり、水泳や水中歩行が行えるプールが整備されています。屋内施設でもあり、天候や季節に関わらず1年を通じて利用できるのが特徴的です。
利用者も、以前は若い年代がファッションの一つとして利用するケースが多かったのですが、最近では中高年の方の利用が多くなり、様々な人が健康づくりのために利用しています。
健康増進施設の種類
このような施設には、厚生労働省が健康増進施設として認定した施設があります。
認定の対象となる施設には「運動型健康増進施設」、「温泉利用型健康増進施設」、「温泉利用プログラム型健康増進施設」の3種類あります。
「運動型健康増進施設」は健康増進のための運動を安全かつ適切に実践できる施設として認定され、「温泉利用型健康増進施設」は健康増進のための温泉利用や温泉療養及び運動を安全かつ適切に実践できる施設として認定されます。
また、「温泉利用プログラム型健康増進施設」は病気を治す「温泉療養」ではなく、一般の健康増進のための利用に対応する施設として認定の条件が緩和されています。
現在(平成22年8月5日)全国には「運動型健康増進施設」が351施設、「温泉利用型健康増進施設」が24施設、「温泉利用プログラム型健康増進施設」が33施設認定されています。
運動型健康増進施設として認定されるためには

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

健康と運動処方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です