ニュース速報
ホーム / 医療 / 血液疾患 / 出血が止まらない、出血しやすい、歯肉出血、血便、血痰

出血が止まらない、出血しやすい、歯肉出血、血便、血痰

血管が破れても凝固せずなかなか出血が止まらない状態をDICと呼びます
血液には血管が破れるとその部分を塞ぐ接着剤があり、接着剤が固まることを凝固とよび接着剤を凝固因子と呼びます。しかし血管の中でむやみに凝固するのを防ぐためそれを溶かす仕組みも存在していまして、その仕組みと物質をそれぞれ線溶、線溶因子と呼びます。
DIC(播種性血管内凝固症候群)は後天性の凝固異常で多くの場合、がん、感染症、血管瘤、劇症肝炎、全身性血管炎等の基礎疾患があります。
基礎疾患により血管のなかに凝固や線溶をうながすタンパク質が分泌されますと血管の中で凝固が起こり(血栓ができて)その刺激で線溶が活性化します。
そしてさらに線溶が凝固を刺激して凝固が起こり???、この連鎖反応の末に血液の凝固因子と線溶因子が欠乏するため血管が破れても凝固せず出血がなかなか止まらない状態をDICと呼びます。つまりDICでは血管内で凝固塊(血栓)が形成されると同時に出血しやすくなります。
DICの診断
高齢の患者様はDICの基礎疾患を患っていることが多いため臓器障害、血小板減少または出血傾向がある場合、必ずDICの可能性をチェックします。
出血傾向とは、出血がなかなか止まらないため紫斑(出血で皮膚が紫色になった部分)が大きくなったり、歯肉出血したり、血便や血痰が出現したりすることです。
DICは放置すると血栓により多臓器不全になるだけでなく消化管出血、脳出血などの致命的な疾患に発展しますので治療が急がれますし、重篤化(じゅうとくか:病状が非常に重くなること)する可能性がありますので入院が必要です。
検査としては血液の血小板数や凝固因子を測定したり、凝固、線溶のマーカー物質を調べたりします。
DICの治療
治療は抗凝固剤を持続的に注射します。ときには血液製剤による補充療法も必要です。
抗凝固剤は血液の凝固を防ぐ薬ですので出血している患者さんに使用するのを変に感じられますが、実際は肝臓で凝固に必要なタンパク質がどんどん作られていますので、抗凝固剤で悪の連鎖を断ち切るだけで出血傾向が軽減することがしばしばです。とはいうものの以前は治療して治療薬の副作用によりしばらく出血が広がることがありましたが、薬も改善されそのようなことは少なくなりました。
基礎疾患が治っていないといったん良くなったDICがふたたび悪くなることがしばしばあります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

血が薄い、動悸、息切れ、倦怠感等、再生不良性貧血

血液中の赤血球数が基準値を下回 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です