ニュース速報
ホーム / 医療 / 血液疾患 / 発熱、盗汗(とうかん:寝汗)、体重減少

発熱、盗汗(とうかん:寝汗)、体重減少

【悪性リンパ腫】発熱、盗汗(とうかん:寝汗)、体重減少

リンパ球がリンパ節を壊しながら無秩序に増える病気です
血液が心臓から体のすみずみに流れてから心臓に帰る道は二つあります。静脈という帰り道専用のコースそしてリンパという寄り道コースがあります。
この寄り道コースには異物を捕らえて退治するリンパ節という関所があります。この関所で異物を勉強して異物除去の専門家をめざす学生がリンパ球と呼ばれる細胞です。悪性リンパ腫はこのリンパ球が関所を壊しながら無秩序に増える病気です。ときには脾臓、扁桃、消化管、生殖器、乳腺、甲状腺および皮膚などのリンパ節以外の場所で増えることもあります。
悪性リンパ腫は高齢の患者様も若い人とだいたい同じ様式で出現します。「リンパ腺が腫れた」ために病院を訪れ診断が付くことが多い病気です。
悪性リンパ腫の症状
症状は発熱、盗汗(とうかん:寝汗)、体重減少の3徴候が有名です。その他に血管や神経の圧迫による浮腫、しびれ、呼吸不全など腫瘤形成に基づく症状が出現することがあります。
悪性リンパ腫といってもその種類は多く、進行の速度や、治療の効果が異なるためもう少し詳しい「組織型」という分類名まで到達しないと最適な治療を選ぶことができません。
また白血病は発症時からすでに全身に広がっている病気と考えるのですが、悪性リンパ腫はたいていぐりぐりした塊を形成して増えていくものですから、病気の進行度(病期といいます)を知るためにぐりぐりした塊が体のどこまで広がっているのかを知る必要があります。
悪性リンパ腫の診断
検査ではリンパ節や臓器を採取してその形、大きさ、細胞の中にあるタンパク質および染色体を調べ詳細な診断がされます。これらの検査の結果からそのリンパ腫の性質(進行が早いか遅いか、再発率は高いか低いか、そしてどの抗がん剤が効くか等)がわかります。
CT(コンピュータ断層撮影)、放射性同位体検査およびPET(ポジトロンエミッショントモグラフィー)などで病気が体のどのくらいまで広がっているか調べられます。
悪性リンパ腫の治療
治療としては抗がん剤の点滴治療、放射線照射、モノクローナル抗体(がん細胞にだけを識別する性能をもつ抗腫瘍薬)療法などが行われ、多くの場合それらの効果が期待できます。
悪性度が高く抗がん剤の効果がある場合、末梢血幹細胞移植が適応になります。いかなる治療を選ぶかという点では若年者と大きな違いはありませんが、高齢の患者様の場合は抗がん剤の副作用が強く現れますので薬剤の量を減らして感染症を合併しないように入院治療する必要があります。
生活機能を著しく失ってしまい寝たきりになってしまっている患者様の場合は治療効果および副作用に対する余力が乏しいため安全性や生活の快適さを重視した治療が選ばれることもあります。
このごろ治療用モノクローナル抗体が盛んに開発されていますし、既に患者様に使われている一部の薬は大変よい治療成績をあげています。したがってリンパ腫の治療成績はさらに向上していくと考えられます。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

血が薄い、動悸、息切れ、倦怠感等、再生不良性貧血

血液中の赤血球数が基準値を下回 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です