ニュース速報
ホーム / 医療 / 眼疾患 / 視野が狭くなった、視力が落ちた、眼圧が高い

視野が狭くなった、視力が落ちた、眼圧が高い

早期発見・早期治療が大切な病気です。
 緑内障は眼球内の圧力(眼圧)が高まって視神経が侵され、視野が狭くなったり視力が落ちたりする病気です。
 いちど障害を受けた視神経は再生することはありませんので、失われた視野や視力は元には戻りません。多くの場合非常にゆっくりと視野が欠けてゆくため本人が気付いたときには手遅れである場合がしばしばあります。そのため緑内障は早期発見・早期治療が大切な病気です。
原因
 目の中で血液の働きをするのが房水と呼ばれる液体です。この液体は目の中の毛様体と呼ばれる場所で作られ、隅角と呼ばれる角膜と強膜の境界部から目の外へ排出されます。
 緑内障ではこの房水の出口が目詰まりするために房水が目の中から外へうまく流れ出なくなり、眼圧が高くなってしまいます。
 眼圧が高くなると目の中で圧に対して一番弱い部分である視神経が傷んでしまいます。そのため視覚神経刺激が脳へ伝わらなくなり視野が狭くなったり視力が落ちたりします。 (リンク1参照)
疫学
 最近の調査では、40歳以上の日本人の緑内障の有病率は5.0%でした。このうち眼圧が正常範囲内の正常眼圧緑内障の有病率は3.6%(28人に1人)で、40歳以降の成人における全緑内障の72%を正常眼圧緑内障が占めています。
 諸外国での調査結果と比較すると、日本人の場合は正常眼圧緑内障の割合が著しく高いということが分かりました。
緑内障の種類
 緑内障は、
(1)目の痛みや吐き気など強い症状が急激に現れる急性タイプと、
(2)自覚症状がなく徐々に進行する慢性タイプの2つに大別されます。
 急性タイプでは房水の出口が急に塞がれてしまうことにより眼圧が急激に上昇します。激しい頭痛や吐き気・嘔吐が起こりますから、脳や消化器の病気と間違われる場合もあるので注意が必要です。
 一方、房水の出口の目詰まりがゆっくりと生じる慢性タイプでは初期には全く自覚症状がなく、10年や20年といった長い間にゆっくりと進行してゆくために本人の気がつかないうちに視野が狭くなってしまいます。
治療
 現在、最も確かな治療は、眼圧をその人にとって安全と考えられる範囲まで下げることです。
 薬としてはいろいろな種類の点眼薬を主に用いて、場合によっては内服薬、注射薬などを使います。点眼薬をさし忘れたり内服薬を飲まなかったりすると、眼圧が上昇し視神経の障害が進行する危険性が高くなりますので、規則正しく点眼・服用してください。
 また、場合によっては副作用が出ることがありますので定期的な診察は大切です。
 急いで眼圧を下げなければならない場合や薬だけでは効果が不十分な場合には、レーザー治療や手術を行いますが緑内障のタイプにより手術時期は異なります。
 急速に眼圧が上昇する急性タイプの場合には早急な治療が必要です。一方、ゆっくりと眼圧が上昇してくる慢性タイプでは薬による治療を優先し、不十分な場合にのみ手術へと踏み切ります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

蚊が飛んで見える症状(実際には飛んでいない)

飛蚊症とは文字通り(実際には飛 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です