ニュース速報
ホーム / 医療 / 血液疾患 / 骨折、貧血、血小板減少、免疫力の低下

骨折、貧血、血小板減少、免疫力の低下

骨折、貧血、血小板減少、免疫力の低下【多発性骨髄腫】

大人のリンパ球は形質細胞と呼ばれウイルスなどの侵入者から体を守ります
体の循環の要所や異物が通るルートの近くには末梢リンパ組織(リンパ節、脾臓、消化管粘膜関連リンパ組織等)といった関所があり体に侵入した異物を捕らえて破壊しています。この関所のようなところで勉強し侵入者退治の方法をマスターした大人のリンパ球は形質細胞と呼ばれます。形質細胞は免疫グロブリンというミサイルを分泌してウイルスなどの侵入者から体を守ります。
そのように重要な役割を担う形質細胞が存在する一方で役に立たない形質細胞が増える病気もあります。いろいろな種類の役に立たない形質細胞が増えることもありますし、一種類の同じ形質細胞が増えることがあります。
前者では作られる免疫グロブリンは様々な大きさや種類である一方、後者では全く同じ免疫グロブリンが分泌されます。これをMタンパクと呼びます。体にMタンパクがあるとしても必ずしも病気ではなくMGUS(良性単クローン性免疫グロブリン血症)という何年経ってもMタンパクが増えていかないため治療を必要としない状態があります(病気ではないので状態と表現させていただきます)。
多発性骨髄腫
さて形質細胞が、がん化してどんどん増える病気を多発性骨髄腫と呼ぶのですが、この病気は高齢の方に多くまた進行もゆっくりしていているため抗がん剤で華々しく治療される白血病とは正反対です。
症状
多発性骨髄腫では何も症状がなく経過する初期段階が長く、やがて病期が進み次のような症状が現れます。
腫瘍がしばしば骨の中で増え骨をとかす命令を出しますので骨が弱くなったり(痛みや骨折など)、たくさんのMタンパクのため血液が粘稠(ねんちゅう:ねばりけがあって濃いこと)になり大事なすきまが塞がってしまい臓器の機能障害が現れたり(腎不全など)(リンク1参照)、そして血液を作る邪魔をしますので貧血、血小板減少および免疫力が低下したりします。
そしてこの腫瘍はある程度個性がはっきりした段階の細胞のがんですので患者様ごとに異なる症状が現れます。まず骨がもろくなる患者様もいますし、骨には病気がないのに腎臓が悪くなる患者様もいますし、また最初に貧血が現れる患者様もいます。
診断治療
検査としてはMタンパクの検査、骨髄の検査および骨の検査などが行われこれらの結果から総合的にMGUSか多発性骨髄腫か診断されます。
強力な治療でも完全に治癒させることは難しいため、および軽い抗がん剤療法で長く生存される患者様がしばしばいらっしゃるため、アルケランという抗がん剤とステロイドによる治療が行われています。それにあわせて骨を丈夫にする治療や腎臓病や貧血の治療を行うことがあります。
また治療が無効になった場合の次の選択肢としてサリドマイド療法や造血幹細胞移植(ミニ移植など)があります。最近は新薬の開発で治療効果には目を見張るものがあります。他の疾患同様今後の治療成績は向上していくでしょう。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

血が薄い、動悸、息切れ、倦怠感等、再生不良性貧血

血液中の赤血球数が基準値を下回 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です