ニュース速報
ホーム / 飲酒と喫煙 / 喫煙と循環器疾患

喫煙と循環器疾患

喫煙が原因と言い切れる循環器疾患については、前臨床段階(症状や発病する前の段階の病変がある段階)の動脈硬化・冠状動脈疾患・脳卒中・腹部大動脈瘤が挙げられています。喫煙によって血管の壁が損傷を受けて細胞の機能不全につながり、血液の成分も血栓形成に傾き、酸素運搬能が低下する(一酸化炭素が酸素と競合します)など複数の要素が循環器疾患との関連の背景に存在します。血管がぼろぼろになる・血液がどろどろになるという現象は、喫煙によっても大きく影響されます。

喫煙と循環器疾患との関係について、経験的には古くから議論があります。例えばアメリカでは紙巻たばこの流行が始まってから突然死が増えたことを揶揄し、新しい白い紙巻たばこのことを「かんおけのくぎ」と表現したことがあるそうです。

たばこの中には心臓などの機能へ強い影響を及ぼす成分があることが知られており、そうした心機能、特に自律神経系の研究に際しては「毒であるニコチン」を用いた研究が行われ、ひいては今日の副交感神経の細胞の受容体のひとつであるニコチン性受容体の発見へとつながったといわれています。
近年の疫学研究においては、栄養・食事や運動と循環器疾患との関連を検討する際には、喫煙状態について検討(統計学的に調整)されている場合がほとんどです。このことによっても喫煙の循環器疾患に対する影響が、栄養・食事・運動などと比べても大きな比重を持っているということがうかがえます。

実際の評価として、米国公衆衛生総監報告書(SGR: Surgeon General’s Report)では、喫煙によって引き起こされる、つまり喫煙が原因だと言い切れる循環器疾患について、前臨床段階(症状や発病する前の段階の病変がある段階)の動脈硬化・冠状動脈疾患・脳卒中・腹部大動脈瘤を挙げています。

この背景として当然ヒトでの観察研究がありますが、それだけではなく実験レベルなどでも確認されている事実として、喫煙によって血管の壁が損傷を受け細胞の機能不全につながるだけでなく、血液の成分も血栓形成に傾くこと、酸素運搬能が低下すること(一酸化炭素は酸素と競合します)、からだの酸素要求量が増加すること(心機能などが更新するためです)、短期的に血管抵抗が増して血圧が上昇することなどがあり、このような複数の要素が喫煙と循環器疾患に関連していると考えられます。
また出産後に採取されたへその緒の血管を検討した結果、喫煙するお母さんからの検体では血管壁の細胞が障害された所見が認められたのに対し、非喫煙のお母さんでは認められないという報告がいくつかあります(へその緒はお母さん側ではなく赤ちゃん側の組織であることに注意してください)。

このように血管がぼろぼろになる・血液がどろどろになるというのは、決して偏った栄養や食事、運動不足のみによるものではなく、たばこによってももたらされているということに気がつく必要があります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

喫煙と糖尿病

たばこを吸うとは交感神経を刺激 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です