ニュース速報
ホーム / 整形外科 / 全面的さ部脂肪は穴埋めして、顔の欠陥を遮ります

全面的さ部脂肪は穴埋めして、顔の欠陥を遮ります

顔面の脂肪が穴埋めするのは腹部あるいは太ももが引き出して余分な脂肪を吸い込む、処理を通じて(通って)後からまたその移植を必要な部位まで(に)。普通は、人の顔面顳部あるいは上まぶたがくぼんであるいは両頬の深くはまり込む人はとても古いのに見えて、その上人に凶暴な印象を残しやすいです。顔面の脂肪を通じて(通って)穴埋めしてそれにとても良い効果を得させます。

腹部あるいは太ももの内側などの脂肪からわりに多い場所を積み上げていくつか脂肪を抜き取って、また取り出すでしょう脂肪は遠心分離機が円心をして処理を分離した後にで純粋な脂肪を取り出して、それから顔面の必要の部位まで(に)注ぎ込みます。無痛の睡眠を採用して麻酔をかけるのに麻酔をかけて、だから全部手術の過程は痛みを感じることはでき(ありえ)ないです。初めて顔面の脂肪が手術を穴埋めした後に脂肪情況を吸収するに2~3回の移植を繰り返すことができて、十分に十分な量のその後移植させられた脂肪の細胞を注ぎ込んでできないでまた吸収させられて永遠に生存し続けます。手術は局部麻酔あるいは全身麻酔を採用することができて、普通は入院する必要はありません。手術1~2週間の後で腫れが引いて、しかし正常に働いて生活します。

この手術は顔面のくぼむひどくない者に適合して、顔面のくぼむひどい者の話はもしもうそ体に穴埋めするように適合します。普通なこのような手術が顳部(こめかみのつぼ)でくぼんでいることができる、頬部がくぼんでいる、両側面部のアシンメトリー、耳たぶが不十分だは状況で行います。

1、顳部は穴埋めします:以前固体のシリカゲルグロックを使って穴埋めして、咀嚼するにかみ合わすのが困難を持ってくると痛いがの可能性が高いです。自体の脂肪を選んで注ぎ込んで顳部まで(に)組織あるいは器官の機能を影響して変えることはでき(ありえ)なくて、普通なこのような手術が注射する時髪の生え際の後から1―1.5cmは針につきあって入って、術の後で1つの小さい針穴しかなくて、明らかな傷あとがありません。しかし注意して1週間の内でシャンプーして力を入れてマッサージすることをぜひ避けねばなりません。

2、頬部は穴埋めします:頬部は術を穴埋めして豊かな頬と略称して、顔面を通じて(通って)穴埋めして顔の形まろやかで潤いがあって、やさしくなって、その上若くなります。針に入って注射して隠れているか所で選ぶことができて、注射した後に局部に軽度の腫れて思いがあって、術の後で5日抗生物質を口先だけ承服して、1週間の後でそっと手を使うのが顔面をマッサージする良いです。

3、顎部は穴埋めします:顎部が術を穴埋めしてまた盛んだと顎あるいは豊かな顎の術語ります。盛んで顎が口の内で粘膜あるいは顎の下で外国側を選んで時間(場所)を決めて針に入ることができるのを注射して、自体の脂肪が注射し終わった後に抗生物質を口先だけ承服して、2週間はマッサージしないでください。

全面的さ部脂肪は自身の脂肪を採用するのため穴埋めして、だから副作用がなくて、しかも吸収させられた細胞の後で耐久度ので、人々を受けて尊重します。小さくここに組み入れてみんなに下へ気づかせて、手術を行って正規の病院まで(に)行うべきで、良い病院、良い設備、良い医者、移植する細胞の生存率を高めることができて、手術の効果をもっと良くならせて、同時にいくつかが必要な手術の紛糾がないをの免れることができます。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

整形外科と形成外科

似ている響きですが、どのように ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です