ニュース速報
ホーム / 伝染病 / 急性肝炎とは

急性肝炎とは

急性肝炎とは.
 急性肝炎とは、主に肝炎ウイルスの感染が原因でおきる急性の肝機能障害を呈する病気です。症状としては、黄疸、食欲不振、嘔気嘔吐、全身倦怠感、発熱などがあります。
今までに肝炎ウイルスとしては、A,B,C,D,E型の5種類が確認されています。
急性肝炎は一般的には経過が良好な疾患ですが、約1-2%の患者は劇症化し、一度劇症化すると高率に死に至る可能性が高くなり、肝臓移植治療が必要となります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です