ニュース速報
ホーム / 伝染病 / 急性肝炎の発生頻度

急性肝炎の発生頻度

 A,E型は経口感染であり汚染された水、食物を介して感染します。B,C,D,型は血液、体液を介して感染であり、輸血や汚染血液が付着した針を体に刺すことで感染が成立します。覚せい剤、刺青、男性のピアスなどの行為は、一般的にB型、C型肝炎の感染のハイリスクとみなされています。わが国では1990年頃までは輸血によるB型、C型急性肝炎が見られましたが、それ以後は、日赤の血液スクリーニング体制が強化され、現在では輸血後急性肝炎は根絶状態となりました。20歳台から50歳台成人のB型急性肝炎の感染経路として、セックス、性交渉は重要な感染経路ですが、C型ではエイズウイルスとの重複感染や他の性感染症などとの重複感染例でない限り、夫婦間で感染することはまずないと考えられています。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です