ニュース速報
ホーム / 伝染病 / 急性肝炎の発生頻度

急性肝炎の発生頻度

急性肝炎の発生頻度.
 1995年以後のわが国の急性肝炎の起因ウイルス別発症頻度は、A型,B型,nonABC型は、それぞれ約30%、C型が約10%で推移しています。
D型急性肝炎は、その診断そのものが困難で正確な感染状況は把握されていませんがB型肝炎ウイルスと共存した形でしかウイルスが存在しえないこと、感染者そのものが少ないことから、日本では極めて稀と考えられています。
E型肝炎は、従来日本には存在しないと考えられていましたが、2000年頃から北海道を中心としてE型肝炎急性肝炎例の集団発生、流行が問題となってきています。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です