ニュース速報
ホーム / 伝染病 / 急性肝炎は、その原因

急性肝炎は、その原因

急性肝炎は、その原因.
 急性肝炎は、その原因ウイルスにより経過と重症度が異なります。A型肝炎、E型肝炎は、一過性に経過し慢性化することはありません。B型肝炎は新生児、小児期に感染すると高率に慢性化しますが、成人例での感染は原則一過性感染で経過し慢性化することは稀です。C型肝炎は、感染時年齢に関係無く高率に慢性化します。

 急性肝炎が重症化、劇症化して死亡率する確率は、B型とNon-ABC型では1-2%、C型とA型では0.5%以下と考えられています。A型では死亡率そのものは低いのですが、経口感染で、家族内で2次感染を起こすなどして爆発的流行を呈する場合があります。また最近では50歳以上の高齢者での感染例での重症化例が増加しており、注意を要します。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です