ニュース速報
ホーム / 整形外科 / 整形外科のかかりかた

整形外科のかかりかた

整形外科ではどのような病気を診てくれますか?
整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。身体の芯になる骨?関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。
 背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手の外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨?軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。

 スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗鬆症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍、運動器の先天異常など先天性疾患など、新生児時から老年まで幅広い患者層を扱います。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

整形外科と美容外科

「美容外科」は形成外科の一分野 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です