ニュース速報
ホーム / 伝染病 / A型肝炎ワクチン

A型肝炎ワクチン

A型肝炎ワクチン 不活化ワクチン[Hepatitis A] .

A型肝炎の発生状況

中国、インド、東南アジア諸国、中東諸国、南アフリカ諸国、南米諸国、カリブ海諸国
(いわゆる日本を含めた先進国以外の全世界)

A型肝炎ワクチン接種をお勧めする方

60歳未満では、抗体保有率が低いため、接種をお勧めします。

A型肝炎の感染原因と症状

【感染】
A型肝炎は、A型肝炎ウイルス(HAV)によって引き起こされるウイルス感染症です。
A型肝炎ウイルスは経口感染(飲食物を摂取することで感染)しますので、汚染された水や氷、甲殻類、汚染された水で洗われた果物や野菜(サラダ)を生で食べないように注意する必要があります。A型肝炎ウイルスは85度で2分間加熱すると死滅します。

【症状】
A型肝炎ウイルスの潜伏期間は平均28日(15-50日)です。感染すると倦怠感が強くなり、黄疸(皮膚や目の黄染)、発熱、不快感、食欲不振、強い腹痛や下痢をもよおし、重症になると1~2ヶ月以上の入院が必要になる場合もあります。幼児(6歳以下)では70%が無症状。一般的に死亡率は0.8%と低いですが、50歳以上では死亡率は1.8%と高くなる。

A型肝炎を予防するには

ウイルス性A型肝炎に感染する可能性のある国へ旅行する方は接種をお勧めいたします。

A型肝炎の抗体検査も実施しております。A型肝炎に対して抗体があるかどうかご不明な方はA型肝炎抗体検査をお勧めいたします。ご希望の方は、お気軽にお問合わせください。A型肝炎抗体検査の結果が出るまでには1~2日程かかります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です