ニュース速報
ホーム / 伝染病 / B型肝炎の予防

B型肝炎の予防

B型肝炎の予防.
 現在、我が国で行われているHBVに対する感染予防は、HBV持続感染している母親からの母児感染対策のためのHBV免疫グロブリン、ワクチン接種と医療従事者など希望者に対するワクチン接種です。

 母児感染予防事業は本邦では1986年に開始されました。HBV持続感染している母親から産道感染で新生児にHBVが感染するので、当初は出産時と生後2ヶ月にHBV免疫グロブリンを、生後2、3、5ヶ月でHBワクチン接種を行うことになっていましたが、2013年10月から早期接種方式(国際方式)へ変更されています。これは、出生後できるだけ早い時期(12時間以内が望ましいとされています)にHBV免疫グロブリン1mlを筋肉内投与、HBワクチン0.25mlを皮下注射し、さらに、HBワクチン0.25mlを1か月後、6か月後に2回追加接種するスケジュールです。母親がHBe抗原陽性キャリアの場合、旧方式では生後2ヵ月目にもHBV免疫グロブリンを追加投与していましたが、新方式では省略可とされています。

 医療従事者などに対するワクチン接種は①初回 ②初回投与1ヶ月後 ③初回投与6ヶ月後にHBワクチンを接種します。

 なお世界的には、HBV感染を防ぐために小児全員にHBワクチンを投与している国が多く見られます。もともとHBVの陽性者率が高いアジア?アフリカ諸国や慢性化しやすいジェノタイプA型の多いヨーロッパ?アメリカでは全員にHBワクチンを投与しています。一方急性肝炎での慢性化率の低い我が国では、従来からの母児感染予防事業により、ほぼ新規のHBV母児感染を防げるようになり、HBV陽性の母親からの母児感染は激減しています。これまで通りHBV持続感染者からの母児感染(垂直感染)が新規HBV感染の原因であれば現行の母児感染予防事業で日本のHBVは根絶できると思われますが、前述のように外来種であるジェノタイプA型のHBVの水平感染での持続感染者が今後増加するようになれば、諸外国のように全員に対するHBワクチン接種が必要になるかもしれません。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です