ニュース速報
ホーム / 伝染病 / B型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチン 不活化ワクチン.

B型肝炎の発生状況

人類の血液中に寄生しているウイルスです。先進国では保有率が低く、中国、東南アジア、南アフリカ諸国では保有率が高い。HIV(エイズウイルス)と同じ感染様式(輸血、医療行為、歯科治療、性感染など)。海外で医学的な治療や歯科治療を行う方にもお勧めです。また、留学の際に接種を要求されることがあります。

交通事故や病院での医療行為(注射など)にはご注意ください。

B型肝炎ワクチン接種をお勧めする方

医療従事者、外傷を負う確率の高い建築工事関係者。血液透析を受ける人

B型肝炎の感染原因と症状

【感染】
B型肝炎ウイルス(HVB)は感染した患者の血液や体液と接触したり輸血を受けた場合、無防備な性行為、消毒不十分な注射針や医療器具(医療行為、歯科治療、針治療、刺青、麻薬常習者など)で感染する可能性があります。

【症状】
潜伏期間は平均120日(45-160日)。多くの場合無症状か軽度の症状でおわる。全身症状として倦怠感、食欲不振、黄疸、吐き気、腹痛、関節痛。死亡率は1%。6-10%の確率で慢性化して、肝硬変や肝臓ガンに移行する可能性がある。

B型肝炎を予防するには

渡航先(主に東南アジア)での無防備な性行為を慎み、外傷治療、輸血、手術を受ける際は特に消毒滅菌に注意する。

B型肝炎ウイルス(HVB)に感染する可能性のある国へ旅行する方には、接種をお勧めいたします。

B型肝炎の抗原検査や抗体検査も実施しております。B型肝炎に対して抗体があるかどうかご不明な方はB型肝炎抗体検査をお勧めいたします。ご希望の方は、お気軽にお問合わせください。B型肝炎抗原検査やB型肝炎抗体検査の結果が出るまでには1~2日程かかります。

B型肝炎ワクチン 世界ではどのくらい接種しているのでしょうか?

B型肝炎ウイルス(HVB)は感染した患者の血液や体液と接触したり輸血を受けた場合、無防備な性交渉、消毒不十分な注射針や医療器具(医療行為、歯科治療、針治療、刺青など)で感染する可能性があります。

下記の分布図は定期接種にB型肝炎ワクチンを3回行っている国です。グレーに色付いている国は定期接種にB型肝炎ワクチンを行っていません。日本もその数少ない国のひとつです。ということは、日本人は任意でB型肝炎ワクチンを接種しないと無防備のまま海外に行くことになります。

についての 健康医療協会

推奨コンテンツ

急性肝炎の治療

急性肝炎の治療.  急性肝炎は ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です